【シャドバエボルヴ】ウィッチデッキ考察!大会優勝デッキレシピも掲載【2022年12月最新版】

2022年9月28日

デッキ考察
エルフアイコン
エルフ
ロイヤルアイコン
ロイヤル
ウィッチアイコン
ウィッチ
ドラゴンアイコン
ドラゴン
ナイトメアアイコン
ナイトメア
ビショップアイコン
ビショップ
ウマ娘クラスアイコン
ウマ娘

紙シャドバこと『シャドウバースエボルヴ』のクラス「ウィッチ」の環境デッキを考察していきたいと思います。デッキレシピや作成にかかる値段、立ち回り、大会優勝デッキのレシピなども記載していますので、現環境のウィッチデッキの参考になれば幸いです。

ウィッチとは

シャドウバースエボルヴウィッチ

リーダーイザベル、エラスムス
固有能力【スペルチェイン_n】
自分の墓場のスペルがn枚以上なら【スペルチェイン_n】の後の能力が働く
【土の秘術】
追加コストとしてスタックカウンターを取り除くことで発動する能力

ウィッチとは、シャドウバースのクラスの1つであり、ウィッチ(魔女)の名前の通りスペルや土の秘術を駆使したテクニカルな戦術を得意とするクラスです。

ウィッチには【スペルチェイン_n】という墓場のスペルの枚数が一定数を超えると効果が強化される能力と、【土の秘術】という大地の魔片を追加コストとして取り除くことで発動する能力があり、スペル軸と土の秘術軸の2通りのデッキが楽しめるクラスになっています。

デッキ構築、プレイング共に難易度が高くやり応えがあるため、頭を使ってスマートに戦いたい方におすすめです。

スターターデッキは買うべき?

ウィッチのスターターデッキは、買わなくても問題ありません。

ウィッチのスターターデッキには「ペンギンウィザード」や「デモンフレイムメイジ」など、ウィッチデッキの主力級のカードが多く封入されているものの、それぞれ使用するデッキが異なるため、自身のデッキに採用したいカードをシングル買いで集めれば良いでしょう。

様々なウィッチデッキを使って遊びたい場合は、スターターデッキの購入をおすすめします。

現環境のウィッチデッキ

ウィッチは、ウマ娘コラボの新カードで強化されなかったため使用率が激減しており、現在のウマ娘環境においてはは、スペルを中心に編成した「次元の超越」によるエクストラターンで勝利を狙う「超越ウィッチ」が辛うじて生き残っています。

ダイワスカーレットとウォッカを採用したミッドレンジウィッチの開発が進めば、新たなデッキタイプとして登場するかもしれません。秘術は第3弾に期待しましょう。

というわけで今回は「超越ウィッチ」を考察していきたいと思います。

超越ウィッチデッキ

デッキレシピ

超越ウィッチデッキレシピ2

値段約8,000円

スペルを中心に編成し、次元の超越によるエクストラターンで勝利を狙う超越ウィッチデッキです。

ウマ娘環境の超越ウィッチは、高額LGの「アグネスタキオン」が採用圏内に入ったため、バハムート環境と比べるとデッキ作成にかかる値段が上がっています。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバウィンドブラスト
ウィンドブラスト
【1コスト/スペル】
1コストで使える除去スペル。スペルチェインの条件を達成すれば与えるダメージが増加。さらに除去スペルを増やしたい場合は採用圏内。クイックが付いていない点に注意。
シャドバエボルヴエンジェルバレッジ
エンジェルバレッジ
【1コスト/スペル】
1コストで使える全体ダメージスペル。低コストで相手の横並びに対処できるカード。対象を取らないため空撃ちやオーラ持ちフォロワーにダメージを与えることができる。3枚溜め込めばフォルテを落とすことも一応可能。
シャドバエボルヴマナリアウィザードクレイグ
クレイグ
【2コスト/フォロワー】
ファンファーレと進化時効果でカードを1枚引き1枚捨てることができるフォロワー。手札のリフレッシュとスペルチェインを稼ぎができる優秀なカード。進化の突進を活かして盤面除去も可能。スペルチェイン稼ぎを重視するなら採用圏内。
紙シャドバルーンブレードサモナー
ルーンブレードサモナー
【3コスト/フォロワー】
スペルチェイン10を達成することで3コスト5/5疾走になる強力なフォロワー。リーサルに届かない時の補助打点として使われる。
紙シャドバ炎の握撃
炎の握撃
【4コスト/スペル】
4コストで使える確定除去スペル。大型フォロワーが多い環境なら採用圏内。スペルチェイン10を達成することで相手リーダーの体力も削れるようになる。
紙シャドバガブリエル
ガブリエル
【6コスト/フォロワー】
ファンファーレ効果で場のフォロワーを強化することが可能。ペンギンウィザードを強化することで進化込み11点を叩き出す初見殺しコンボになる。相手の意表を付けるカード。

立ち回り

先攻を取りたい

超越ウィッチは、先攻を取りましょう。

これまで後攻が良いとされていましたが、ウマ娘環境ではキーカードが早く使える先攻の方がおすすめです。

特にウマ娘デッキ対面では、ダイワスカーレット+ウオッカ盤面の返しに先攻であればミスリルゴーレムが間に合うため、先行を推奨しています。

マリガン(引き直し)

超越ウィッチのマリガンでは「ペンギンウィザード」を狙います。

ペンギンウィザードをキープできれば、序盤から手札のスペルを墓場に送りつつ山札をめくっていけるため、ペンギンウィザードが引けるかどうかは非常に重要です。基本的にペンギンウィザード一点狙いで良いでしょう。

序盤

序盤は、マリガンでキープしたペンギンウィザードまたはクレイグを進化して、墓場にスペルを溜めつつ手札を回していきましょう。

どちらのフォロワーも引けていない場合は、除去スペルで相手のフォロワーを捌きつつドローソースを使って引き込みにいきましょう。

中盤

中盤は、相手フォロワーを捌きつつ墓場にスペルを溜めていきましょう。次元の超越が7コストで使える10枚、「フレイムデストロイヤー」のコストが0になる15枚を目標にすると良いでしょう。

PPは基本的に相手フォロワーの除去に使い、余ったPPでドローソースに回し、フィニッシャーであるフレイムデストロイヤ―を手札に集められると理想的です。

今回紹介しているレシピでは「ミスリルゴーレム」を採用しているので、相手が盤面を展開してきたらファンファーレ効果で対応することが可能になっています。さらに、スペルチェインが15溜まっていれば、相手リーダーの体力を5点削ることができ、リーサルの敷居が下がるので、ミスリルゴーレムの5点も意識しながら終盤に繋いでいきましょう。

終盤

終盤は、0コストになったフレイムデストロイヤー複数展開から7コストで次元の超越を使い、リーサルを取りに行きましょう。

リーサルを取りに行く際は、相手の残りPPに注意しましょう。4PP以上残している場合は、クイック確定除去のエクスキューションを持っている可能性が高いので、フレイムデストロイヤーが1体倒されてもリーサルに届く打点を用意するか、リーサルを見送りましょう。

リーサルの目安
相手リーダーの体力必要なカード
21フレデス3枚
(7×3=21点)
20フレデス2枚+マーリンデモスト
(7×2
+3×2=20点)
14フレデス2枚
(7×2=14点)
13フレデス1枚+マーリンデモスト
(7+3×2=13点)
7フレデス1枚
(7点)
6マーリンデモスト
(3×2=6点)

秘術ウィッチデッキ

※バハムート環境の情報を記載しています

デッキレシピ

黒銀のバハムート環境秘術ウィッチデッキレシピ

値段約5,000円

土の秘術を持つカードを中心に編成した秘術ウィッチデッキです。

紹介しているレシピの内「白霜の風」と「炎熱の術式」は自由枠なので、自分好みにカスタマイズしてください。

秘術ウィッチは超越ウィッチと同様に高額なカードが採用されていないので、約5,000円あれば作成できると思います。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバルーキーマジシャンサミー
サミー
【1コスト/フォロワー】
序盤から攻めるアグロ寄せにカスタマイズするなら採用したいカード。ファンファーレ効果と進化時の効果で質の高いドローが見込める。進化時は相手もカードを引くので注意。
紙シャドバゴブリン
ゴブリン
【1コスト/フォロワー】
サミー同様アグロに寄せる際に採用したいカード。特殊な効果はないが1ターン目に2/2を出せるのが優秀。
紙シャドバファイアーチェイン
ファイアーチェイン
【2コスト/スペル】
相手のフォロワー2体に3ダメージを振り分けて与えることができるスペル。便利な盤面除去としてアグロ対策などに有効。手薄な2コストを補えるのも優秀。
紙シャドバエクスキューション
エクスキューション
【4コスト/スペル】
4コストでフォロワー、アミュレットを破壊できるスペル。大型フォロワーやアミュレットを対策するなら採用したいカード。クイックが付いているので不意な疾走フォロワーなども対処可能。
紙シャドバシャドウウィッチ
シャドウウィッチ
【5コスト/フォロワー】
土の秘術で相手フォロワーを消滅させることができるフォロワー。対大型フォロワーはもちろんラストワード対策としても有効。スタッツが高いのも優秀。
紙シャドバドロシー
ドロシー
【6コスト/フォロワー】
手札を全て捨てEXエリアがいっぱいになるまでカードを引くことができるフォロワー。手札が枯れがちな秘術ウィッチにとって貴重なドローソース。進化時効果を使えば最大で10PP踏み倒すことが可能。
紙シャドバミスリルゴーレム
ミスリルゴーレム
【6コスト/フォロワー】
ファンファーレ効果で相手フォロワー全てにダメージを与える。秘術ウィッチではスペルチェインの達成が難しいものの高スタッツとAOEは魅力。

立ち回り

先攻を取りたい

秘術ウィッチは、盤面で攻めるデッキなので、基本的に先攻を取りましょう。

相手が超越ウィッチなどの後攻を得意とするデッキだった場合は、後攻を取るのもありです。

マリガン(引き直し)

秘術ウィッチのマリガンでは、2コストの「クラフトウォーロック」と「錬金工房」を狙います。

2T目からスタックを作ることで、3T目の「ルーンガーディアン」や4T目の「ゴーレムプロテクション」に繋げやすくなります。

また、2コストを引けなくても、1コストの「雄大なる教え」が来たらキープしても良いでしょう。

序盤

序盤はPP通りにカードを使って展開していきましょう。

1T目は雄大なる教えがベストですがパスでも問題ありません。

2T目はできる限りクラフトウォーロックか錬金工房を出しておきたいところです。どちらも引けていない場合は、2コストのクイックスペルを構えてやり過ごすか、炎熱の術式をプレイしましょう。

3T目はルーンガーディアンかマーリンが理想です。2T目にスタックできている場合、ルーンガーディアンを土の秘術を使って出すと、4/6という破格のスタッツになり序盤を有利に進めることができます。ルーンガーディアンがない場合は、マーリンをプレイしデッキからゴーレムプロテクションを引き込み4ターン目の動きを確保しましょう。

後攻の場合はEPがあるので、状況に応じた進化フォロワーを使って盤面を取り返していきましょう。

4T目はゴーレムプロテクションや進化フォロワーを使い、盤面展開していきましょう。3T目までにプレイしたフォロワーが残っていた場合は「太陽の巫女パメラ」でバフをかけるのも強力です。

中盤

中盤は、序盤の勢いのままさらに展開して、相手のリーダの体力6を目標に削っていきましょう。

相手リーダーの体力を6まで削ることができれば、8PP時に「エンシェントアルケミスト」進化効果やマーリンとデモンストライクのコンボでリーサルを取ることができます。

終盤

終盤は、前述したエンシェントアルケミストの進化効果やマーリンとデモンストライクのコンボでリーサルを狙いましょう。

中盤に「ノノの秘密研究室」が置けていれば、エンシェントアルケミストの進化効果で1ターン最大9ダメージ出すことができるので、覚えておきましょう。

ウィッチの大会優勝デッキレシピ

超越ウィッチ

超越ウィッチ優勝デッキレシピ

デッキコード58LJN

秘術ウィッチ

秘術ウィッチ優勝デッキレシピ

デッキコード3U6D0

ウィッチデッキまとめ

今回は、黒銀のバハムート環境におけるウィッチデッキを考察していきました。

ウィッチは、スペルで戦う「超越ウィッチ」と盤面で戦う「秘術ウィッチ」という対照的な2つのデッキを作ることができます。

プレイングの難易度は高めですが、デッキ作成にかかる値段が安いので、これから始めようと思っている方、何を使おうか迷っている初心者にもおすすめです。是非自分の好みに合う方のデッキで遊んでみて下さい。

また、今回ご紹介したデッキレシピは、あくまで一例であり最適解・最強というわけではありません。ご紹介したレシピで回してみて、自分なりにカスタマイズしてさらに強化していってください。

シャドウバースエボルヴの基本情報

ジャンルTCG
発売日「創世の夜明け」:
2022年4月28日

・「黒銀のバハムート」:
2022年6月30日
・「ウマ娘プリティーダービー」:
2022年10月1日
・「フレイム・オブ・レーヴァテイン」:
2022年12月16日
・「天星神話」:
2023年2月24日
価格・ブースターパック:385円
・スターターデッキ:1,650円
・スペシャルスターター:16,500円
サイズ横63mm×縦88mm
公式・HP:
https://shadowverse-evolve.com/
・Twitter:
https://twitter.com/shadowverse_ev