【シャドウバースエボルヴ】エルフ環境デッキ考察!大会優勝デッキレシピも掲載【黒銀のバハムート環境】

2022年5月26日

紙シャドバこと『シャドウバースエボルヴ』のクラス「エルフ」の環境デッキを考察していきたいと思います。デッキレシピや作成にかかる値段、立ち回り、大会優勝デッキのレシピなども記載していますので、現環境のエルフデッキの参考になれば幸いです。

エルフとは

シャドウバースエボルヴエルフ

リーダーアリサ、アリア、ミツェル
固有能力【コンボ_n】
このターン中にこれを含めてn枚以上プレイしていたならコンボ_nの能力が働く

エルフとは、シャドウバースのクラスの1つであり、フェアリーをはじめとする低コストフォロワーを駆使した戦略を得意とするクラスです。リーダーのアリサをはじめ可愛らしいキャラが多く、イラスト人気の高いクラスでもあります。

また、エルフには固有の【コンボ_n】という能力を持ったカードが存在し、ターン中にプレイしたカードの枚数に応じて能力が強化されます。

低コストフォロワーとコンボを活用することで、カタログスペック以上の強さを発揮できるテクニカルなクラスと言えます。

スターターデッキは買うべき?

エルフのスターターデッキは、正直買いです。

エルフのスターターデッキには、強力なLG「フェアリープリンセス・アリア」や優秀な進化フォロワー「ウォーターフェアリー」「ローズガーデンキーパー」など、エルフデッキの主力級のカードが多く封入されているので、エルフデッキで遊びたい場合は買っておいて損はないでしょう。

現環境のエルフデッキ

現在の黒銀のバハムート環境で使用されているエルフデッキは、ローズクイーンをフィニッシャーに携えた「薔薇エルフデッキ」が主流です。

薔薇エルフには「ブレスフェアリーダンサー」や「ティターニアの妖精郷」でフェアリーを強化して戦うテンポ型と、除去カードを多めに採用したコントロール型が存在します。

今回は、初心者でも使い易くて強く、大会シーンでも活躍しているテンポ型の薔薇エルフを紹介していきたいと思います。

テンポエルフのテンポって何?テンポエルフのテンポとは何ぞや?と思う方もいると思いますが、カードゲームにおける「テンポ」の解釈には諸説あり、シャドバにおいては「毎ターンPPをしっかり使って盤面を取り返し続ける」というようなイメージで良いかと思います。

薔薇エルフデッキ

デッキレシピ

黒銀のバハムート環境薔薇エルフデッキレシピ

値段約6,700円
スターター(1,650円)+シングル(約5,000円)

ローズクイーンをフィニッシャーに採用した薔薇エルフデッキです。

エルフはLGの価格が他のクラスと比べて安いため、シングル価格を高く見積もっても、スターターデッキと合わせて7,000円あれば作成できると思います。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバ収穫祭
収穫祭
【1コスト/アミュレット】
1コストでプレイできるアミュレット。場を離れた時にカードを1枚引くことできる効果を主に使用。自然の導きやエンシェントエルフの効果で手札に戻すことで複数回のドローが見込める。起動効果で体力を+1しつつドローすることも可能。コントロール型にするなら採用したい。
紙シャドバベルエンジェル
ベルエンジェル
【1コスト/フォロワー】
守護フォロワーが少ないエルフにとって貴重なフォロワー。ラストワード効果でカードを1枚引けるのも嬉しい。進化すれば相手フォロワーに2ダメージ与えることができるので、エボルヴデッキに余裕があれば進化後も併せて採用したい。アグロデッキが多い環境であればタイプ問わず採用圏内。
紙シャドバリノセウス
リノセウス
【2コスト/フォロワー】
ターン中にプレイした枚数に応じて攻撃力が増加するフォロワー。進化することで相手フォロワーにダメージを与えるか、疾走で相手リーダーに攻撃が可能。攻守共に活躍が見込める。
紙シャドバローズディアー
ローズディアー
【4コスト/フォロワー】
ファンファーレ効果で薔薇の一撃を生成できるフォロワー。自身も突進を持っているので、出せる総火力が6コストで7点と高い。より攻撃的なデッキにしたい場合は十分採用圏内に入るカード。
紙シャドバエクスキューション
エクスキューション
【4コスト/スペル】
4コストでフォロワー、アミュレットを破壊できるスペル。大型フォロワーやアミュレットを対策するなら採用したいカード。クイックが付いているので不意な疾走フォロワーなども対処可能。

立ち回り

先攻を取りたい

薔薇エルフは、1ターンでも早くローズクイーンを着地させたいので、基本的に先攻を取りましょう。

先攻であればフェアリーによるテンポプランが通しやすく、薔薇の一撃によるフィニッシュへの見通しを立てやすいので、先攻を取っておけば間違いはないと思います。

相手が超越ウィッチなどの後攻を得意とするデッキだった場合は、後攻を取るのもありです。

マリガン(引き直し)

薔薇エルフのマリガンは、1コストの「フェアリーサークル」または「ウォーターフェアリー」を狙うのがおすすめです。1ターン目からフェアリーを生成できるカードをプレイすることで、テンポを外すことなくスムーズに動くことができます。

また、薔薇エルフはローズクイーンへの依存度が高いので、初手にローズクイーンが来た場合はキープして始めるのもありです。

序盤

序盤はフェアリーを展開・強化して盤面を作りましょう。

マリガンでキープしたフェアリーサークルやウォーターフェアリー(進化込み)で盤面を展開し、ブレスフェアリーダンサーやティターニアの妖精郷で盤面を強化していきます。

後攻の際は、無理にフェアリー展開を狙わず「ベビーエルフ・メイ」や「アーチャー」の効果を使って相手フォロワーを除去するのも良いでしょう。

中盤

中盤は、豊富な進化フォロワーを駆使して相手フォロワーを除去しつつ、有利な盤面を維持しましょう。

今回の構築では「ローズガーデンキーパー」や「クリスタリアプリンセス・ティア」など【コンボ_n】を持つフォロワーが複数採用されているので、プレイ枚数を意識して立ち回るとカードの効果を最大限に活用することができます。

終盤

終盤はフェアリープリンセス・アリアからローズクイーンに繋げて「薔薇の一撃」でのフィニッシュを狙います。

薔薇の一撃で相手リーダーの体力を削り切れなかった場合は「白銀の矢」で追い打ちをかけましょう。

エルフの大会優勝デッキレシピ

エルフ優勝デッキレシピ1

デッキコード1E2HS

エルフ優勝デッキレシピ2

デッキコード1YYKW

エルフデッキまとめ

今回は、黒銀のバハムート環境におけるエルフデッキを考察していきました。

エルフはスターターデッキのカードが優秀なので、まずはスターターデッキを購入し、シングルを買い足してデッキを強化していくのが良いでしょう。他のクラスに比べてLGの値段が安めなので、コスパが良いのもエルフの魅力ですね。

カードのプレイ枚数やPPの管理が初心者には難しいエルフですが、使いこなせれば強いクラスなので、練習を重ねてプレイのコツを掴んでいってもらえればと思います。

また、今回ご紹介したデッキレシピは、あくまで一例であり最適解・最強というわけではありません。ご紹介したレシピで回してみて、自分なりにカスタマイズしてさらに強化していってください。

シャドウバースエボルヴの基本情報

ジャンルTCG
発売日「創世の夜明け」:
2022年4月28日

・「黒銀のバハムート」:
2022年6月30日
・「ウマ娘プリティーダービー」:
2022年10月1日
・「フレイム・オブ・レーヴァテイン」:
2022年12月16日
価格・ブースターパック:385円
・スターターデッキ:1,650円
・スペシャルスターター:16,500円
サイズ横63mm×縦88mm
公式・HP:
https://shadowverse-evolve.com/
・Twitter:
https://twitter.com/shadowverse_ev