【シャドウバースエボルヴ】初心者向けエルフデッキをご紹介【創生の夜明け環境】

2022年5月26日

『シャドウバースエボルヴ』の初心者向けにクラス「エルフ」のデッキをご紹介していきたいと思います。デッキレシピや作成にかかるお値段、立ち回りなども記載していますので、エルフデッキを作成する参考になれば幸いです。

エルフとは

シャドウバースエボルヴエルフ

リーダーアリサ、アリア
固有能力【コンボ_n】

エルフとは、シャドウバースのクラスの1つであり、フェアリーをはじめとする低コストフォロワーを駆使した戦略を得意とするクラスです。また、リーダーのアリサをはじめ可愛らしいキャラが多く、イラスト人気の高いクラスでもあります。

エルフ特有の【コンボ_n】という能力を持ったカードが存在し、ターン中にプレイしたカードの枚数に応じて能力が強化されるのもエルフの特色と言えるでしょう。

現環境のエルフデッキ

現在の創生の夜明け環境で使用されているエルフデッキは

  • テンポエルフ
  • コントロールエルフ

この2つのデッキが主流です。

大まかに言うと、テンポエルフはフォロワーを展開し盤面で戦うデッキ、コントロールエルフはフォロワーやスペルの効果で相手の盤面を抑制(コントロール)して戦うデッキになっています。

大会シーンでは、テンポエルフデッキの使用率・勝率が共に高く、安定した強さと人気を誇っています。

今回は、現環境のエルフデッキの中で初心者でも使い易くて強いテンポエルフを紹介していきたいと思います。

!補足そもそもテンポとは何ぞや?と思う方もいると思いますが、カードゲームにおける「テンポ」の解釈には諸説あり、シャドバにおいては「毎ターンPPをしっかり使って盤面を取り返し続ける」というようなイメージで良いかと思います。

初心者向けテンポエルフデッキ

カード枚数
ウォーターフェアリー3
フェアリーサークル3
アーチャー3
フェアリーウィスパラー3
ブレスフェアリーダンサー3
リノセウス3
森荒らしへの報い3
ティターニアの妖精郷3
エルフプリンセスメイジ3
フェアリーキャスター3
ロビンフッド2
フェアリービースト3
フェアリープリンセス・アリア3
ローズクイーン2
エボルヴデッキ
ウォーターフェアリー3
アーチャー3
リノセウス2
エルフプリンセスメイジ2
値段約5,650円
スターター(1,650円)+シングル(約4,000円)

初心者向けに低予算で作れてそこそこ強いテンポエルフを組んでみました。使い易いようにカードの種類を少なくし、低予算で組めるようLGやGRの枚数を減らしています。

スターターデッキのカードが半数を占めているため、シングル価格を高く見積もっても6,000円あれば作成できると思います。

立ち回り

この初心者向けテンポエルフデッキの立ち回りは、基本的にフェアリーを展開して盤面を取っていきます。

十分にフェアリーを展開したら「ブレスフェアリーダンサー」と「ティターニアの妖精郷」でフェアリーを強化し、プレッシャーをかけていきます。

ゲーム終盤に差し掛かったら「フェアリープリンセス・アリア」と「ローズクイーン」で一気にゲームを決める流れが理想的です。

また、3枚採用されている「リノセウス」は、プレイしたカードの枚数分攻撃力が上がる特殊なフォロワーになっており、強力なだけでなくエルフをプレイする上で欠かせないプレイ枚数やPPの管理を覚えることができるので、積極的に使っていきましょう。

慣れてきた人向けテンポエルフデッキ

シャドウバースエボルヴに慣れてきた方には、下記のレシピをご紹介します。

カード枚数
ウォーターフェアリー2
ベビーエルフ・メイ3
フェアリーサークル3
自然の導き3
アーチャー3
フェアリーウィスパラー2
ブレスフェアリーダンサー3
リノセウス3
エンシェントエルフ2
ティターニアの妖精郷2
エルフプリンセスメイジ3
マナエルク3
フェアリービースト3
フェアリープリンセス・アリア3
ローズクイーン2
エボルヴデッキ
ウォーターフェアリー2
アーチャー2
リノセウス3
エンシェントエルフ1
エルフプリンセスメイジ2
値段約7,650円
スターター(1,650円)+シングル(約6,000円)

前述したテンポエルフと比べると予算はかかりますが、カードの種類を増やしデッキ全体のパワーを上げたレシピです。

LGの「エンシェントエルフ」を採用したことでお値段が上がっていますが、他のクラスのLGに比べると安めなので、これでもコスパは良い方です。

立ち回り

基本的な立ち回りは前述したテンポエルフデッキと同じですが「自然の導き」や「エンシェントエルフ」といった「自身のカードを手札に戻す」カードが採用されているため、一度使ったカードを再利用するトリッキーな立ち回りが可能になっています。

主に再利用するのは、ファンファーレで相手フォロワーにダメージを与える「ベビーエルフ・メイ」フェアリーを強化できる「ブレスフェアリーダンサー」フェアリーを生成する「フェアリーウィスパラー」です。

優秀なファンファーレ効果を1枚のカードで複数回使用できるエルフの強みを活かして立ち回りましょう。

他にも盤面の枚数調整や、攻撃し終わったリノセウスを戻して次のターンも疾走で攻撃したりと、自身のカードを手札に戻す効果は何かと便利なので、自分なりの立ち回りを探してみるのも面白いでしょう。

エルフデッキまとめ

今回は、初心者向けにテンポエルフデッキを紹介していきました。

エルフはスターターデッキのカードが優秀なので、まずはスターターデッキを購入して遊んでみて、ハマれそうであればシングルを購入してデッキを強化していくのが良いでしょう。

他のクラスに比べてLGの値段が安めなので、コスパが良いのもエルフの魅力ですね。

カードのプレイ枚数やPPの管理が初心者には難しいエルフですが、使いこなせれば強いクラスなので、たくさん遊んでプレイのコツを掴んでいってもらえればと思います。

また、今回ご紹介したデッキレシピは、初心者でも使い易くコスパ良く遊べることを重視したレシピになっているため、最適解・最強というわけではありません。ご紹介したレシピでゲームに慣れて来たら、自分なりにカスタマイズしてさらに強化していってください。

シャドウバースエボルヴの基本情報

ジャンルTCG
発売日第1弾「創世の夜明け」:4月28日
第2弾「黒銀のバハムート」:6月30日
価格ブースターパック:385円
スターターデッキ:1,650円
スペシャルスターター:16,500円
サイズ横63mm×縦88mm
関連記事