【シャドウバースエボルヴ】ドラゴン環境デッキ考察!大会優勝デッキレシピも掲載【黒銀のバハムート環境】

2022年9月22日

紙シャドバこと『シャドウバースエボルヴ』のクラス「ドラゴン」の環境デッキを考察していきたいと思います。デッキレシピや作成にかかる値段、立ち回り、大会優勝デッキのレシピなども記載していますので、現環境のドラゴンデッキの参考になれば幸いです。

ドラゴンとは

シャドウバースエボルヴドラゴン

リーダーローウェン、ジルニトラ
固有能力【覚醒】
自分のPP最大限が7以上なら覚醒状態になる

ドラゴンとは、シャドウバースのクラスの1つであり、「竜の託宣」をはじめとする「PP最大値を増加させる」カードを使用することができるクラスです。

PP最大値を増やすことでドラゴンの固有能力である【覚醒】の条件をいち早く達成し、強力なカードで相手を圧倒する戦略を得意としています。

また、PPが増えれば強力な大型フォロワーを相手よりも早い段階で使用することができるので、テクニックよりもパワーで勝ちたい方におすすめのクラスと言えます。

スターターデッキは買うべき?

ドラゴンのスターターデッキは、ドラゴンデッキに欠かせない竜の託宣が封入されているので、買うことをおすすめします。

竜の託宣の他にも「ファフニール」や「ドラゴンウォーリア」など、ドラゴンデッキに必須級のカードが封入されているので、ドラゴンデッキで遊びたい場合は買っておいて損はないでしょう。

現環境のドラゴンデッキ

現在の黒銀のバハムート環境で使用されているドラゴンデッキは

  • ディスカードドラゴン
  • ランプドラゴン
  • ハイブリッドドラゴン

上記の3種類です。

ディスカードドラゴンは自身の手札を能動的に捨てていき「竜巫女の儀式」の効果を起動させて戦うタイプ、ランプドラゴンはPP最大値を増加させるカードと大型フォロワーを駆使して戦うタイプ、ハイブリッドはディスカードとランプの要素を掛け合わせていいとこどりしたタイプのデッキになっています。

今回は、大会シーンで大活躍のドラゴンデッキ3種類を考察していきたいと思います。

ランプドラゴンのランプって何?ランプドラゴンの「ランプ」とは英語の「ramp up(強める、高める、増やす)」が語源。
カードゲームの元祖であるMTG界隈でマナを加速する意味で使われていた「ramp up his mana」が省略され、マナを加速する(シャドバではPPを増やす)デッキタイプのことを「ramp(ランプ)」と呼ぶようになったとされています。
その他にMTGのカード「不屈の自然/Rampant Growth」が由来という説もあります。

ディスカードドラゴンデッキ

デッキレシピ

黒銀のバハムート環境ディスカードドラゴンデッキレシピ

値段約7,650円
スターター(1,650円)+シングル(約6,000円)

手札を捨てて竜巫女の儀式の効果起動を狙うディスカードドラゴンデッキです。

ドラゴンはLG「ダークドラグーン・フォルテ」の値段が高いため、デッキ作成にはスターターデッキと合わせて約7~8,000円はかかってしまいますが、値段に見合うだけの強さはあるので、勝てるデッキが使いたい方は初期投資と割り切って揃えましょう。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバ変化する魔術師
変化する魔術師
【2コスト/フォロワー】
序盤の盤面の取り合いから中盤以降の確定除去など、幅広い用途を持つ使い勝手の良いフォロワー。覚醒状態で出せば2コストで5/5と破格のコスパを誇る。エヴォルヴデッキに余裕があれば是非採用したい強カード。
紙シャドバジークフリート
ジークフリート
【4コスト/フォロワー】
相手フォロワーを最大で3体処理できるフォロワー。ドラゴンが苦手とするフォロワーを大量展開してくるデッキの対処に有効。後攻時には託宣→ジークフリートEP進化で大体の盤面を返せる。ロイヤルやナイトメアなどアグロが多い環境であれば採用圏内に入るカード。エヴォルヴデッキと要相談。
紙シャドバウルズ
ウルズ
【4コスト/フォロワー】
確定除去効果持ちのフォロワー。破壊ではない除去効果なのでラストワード対策としても重宝。進化時の効果はEXエリアのカードを対象とするため、封じられし熾天使などの効果でEXエリアに加えられたカードを消滅させることも可能。また相手のEXエリアに既に5枚のカードがあるときはファンファーレ効果が不発するので要注意。エヴォルヴデッキに余裕があれば採用した強カード。
紙シャドバオリヴィエ
オリヴィエ
【5コスト/フォロワー】
5コストで5/5と標準的なスタッツを持ちながらファンファーレで4つの内2つの効果を選んで発動させることができる強カード。先攻の5PP時にプレイしてEP+1を選択し次のターンで神龍を進化させる動きが非常に強力。ただし盤面に干渉することはできないので出すタイミングに注意。シングル価格が高い。
紙シャドバルシフェル(進化前)
ルシフェル
【7コスト/フォロワー】
7コストで6/7と高いスタッツを持ちながら守護とエンド時に4回復する効果を併せ持つ強カード。進化後は必殺とエンド時に相手リーダーに4ダメージを与える効果に変化。攻守を1枚のカードでこなせる器用さが魅力。

立ち回り

先攻を取りたい

ディスカードドラゴンは、攻めが強力なデッキなので、基本的に先攻を取りましょう。

超越ウィッチなどの後攻を得意とするデッキが相手の場合は、後攻を選択するのもありです。

マリガン(引き直し)

ディスカードドラゴンのマリガンでは、「竜の託宣」または「竜巫女の儀式」を狙いましょう。

竜の託宣キープ時には併せてドラゴンウォーリアを、竜巫女の儀式キープ時には「ドラゴンテイマー」や「ドラゴニュートスカラー」など手札を捨てる効果を持つカード併せてキープできると理想的です。

序盤

序盤は基本的に2ターン目から動き始め、竜の託宣や各種フォロワーを展開していきます。

竜巫女の儀式が手札にある場合は、3ターン目に置けると理想的です。ただし、相手の盤面に複数のフォロワーが展開していて竜巫女の2ダメージで1枚も取れない場合は、無理に置かず除去に回りましょう。

中盤

中盤は、ディスカードギミックを活用し、竜巫女の儀式の効果で相手リーダーの体力を削っていきましょう。

ディスカードすることでコストが下がる「荒牙の竜少女」を使い強力な盤面形成を狙っても良いでしょう。

竜巫女の儀式が引けていない場合は、ドラゴンテイマーやドラゴニュートスカラーのドロー効果を積極的に使いデッキをめくっていくか、ディスカードプランを諦めて盤面のフォロワーや「ダークドラグーン・フォルテ」などの打点で削るプランに変更しましょう。

終盤

終盤は、竜巫女の儀式やフォロワーの打点で相手リーダーの体力を削っていき、「インペリアルドラグーン」や「ジェネシスドラゴン」でのリーサル圏内(体力10が目安)に入れましょう。

相手リーダーの体力が10以下になったら「ジェネシスドラゴン(10点)」「インペリアルドラグーンのファンファーレ効果+竜巫女の儀式の効果(捨てた手札の枚数分+2点)」「フォルテ+竜巫女の儀式の効果+ファイアーリザードのファンファーレ効果(7+2+1=10点)」などを駆使して一気に削り切りましょう。

リーサルが遠い場合は「神龍」の進化効果で体力を回復しながら耐久し、相手リーダーの体力を削るチャンスを窺いましょう。

ランプドラゴンデッキ

デッキレシピ

ランプドラゴンデッキレシピ

値段約11,650円
スターター(1,650円)+シングル(約10,000円)

PP最大値を増加するカードを多く採用し、大型フォロワーの高速召喚を狙うランプドラゴンデッキです。

シングル価格が高いフォルテと「ダークエンジェル・オリヴィエ」が採用されているため、デッキ作成費用は約12,000円と高額になります。第1弾環境に引き続きランプドラゴンは費用がネックです。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバベルエンジェル
ベルエンジェル
【1コスト/フォロワー】
有用な低コストカードが少ないランプドラゴンにとって貴重なフォロワー。守護でリーダーを守りつつラストワード効果でカードを1枚引けるのが優秀。ランプドラゴンはエヴォルヴデッキに余裕がないので進化後は採用しなくてもよい。
紙シャドバ烈火の魔弾
烈火の魔弾
【2コスト/スペル】
2コストで相手フォロワーに3点、進化後なら4点与えるスペル。ドラゴンウォーリアで取れない進化後の体力が4のフォロワーの処理に使える。GP福岡大会準優勝のランプドラゴンに採用されていた。
紙シャドバ竜の怒り
竜の怒り
【3コスト/スペル】
3コストで5ダメージを与えるスペル。クイック能力が付いているので相手ターンに使うことが可能。覚醒後に使用するとカードを1枚引くことができるのも非常に優秀。

立ち回り

先攻を取りたい

ランプドラゴンは、相手とのPP差で勝負するデッキなので、基本的に先攻を取りましょう。

先攻であれば相手よりも先にPP最大値が上昇することに加え、PPブーストカードを比較的安全に使うことが出来るので、先攻をとっておけば間違いないでしょう。

相手が超越ウィッチなどの後攻を得意とするデッキだった場合は、後攻を取るのもありです。

マリガン(引き直し)

ランプドラゴンのマリガンは、2ターン目最強のカードである竜の託宣を全力で引きにいきましょう。先攻であればドラゴンナイト・アイラで妥協するのもギリギリでありです。

後攻時は、アイラを置く余裕が基本的になく、託宣+ドラゴンウォーリアまたはウルズ狙いの厳しいマリガンを強いられるので、気合で先攻を取ってください。

序盤

序盤は、PPブーストカードでPP最大値を増やしましょう。

1ターン目は基本パス(必要に応じてブレイジングブレス)、2ターン目に託宣でPPブーストし、3ターン目ドラゴンウォーリア進化で盤面を取る動きが理想です。

託宣が引けていない場合は、ファイアーリザードや変化する魔術師で凌ぎ、PPブーストするチャンスを窺いましょう。

中盤

中盤は、PPブーストした利を活かし、強力なカードを相手にぶつけていきましょう。

5PP時に「ダークエンジェル・オリヴィエ」をプレイしてEP+1を選択し、次のターンで神龍を進化させる動きが非常に強力です。盤面のスタッツとリーダーの体力で相手をリードすることができます。

その後も「ジルニトラ」を絡めた盤面展開で相手を圧倒し、一気に相手リーダーの体力を削っていきましょう。

終盤

終盤は、序中盤で得たアドバンテージを活かし、フォルテやジェネシスドラゴンでのリーサルを見据えて動いていきましょう。

相手が倒されまいとフォロワーを展開してきた場合は「ファフニール」や「バハムート」などの全体除去を使って有利な状況を維持し続け、相手が対処不能になったタイミングで大型の疾走フォロワーを使ってリーサルを取りましょう。

ハイブリッドドラゴンデッキ

デッキレシピ

ハイブリッドドラゴンデッキレシピ

値段約12,650円
スターター(1,650円)+シングル(約11,000円)

前述したディスカードとランプデッキの要素を掛け合わせたハイブリッドドラゴンデッキです。

ランプドラゴンと同様に高額のLGを複数採用しているほか、SRとしては値段の高い「光の道筋」も採用しているため、デッキ作成にかかる費用は約13,000円と高額です。総じてドラゴンデッキは財布に優しくありません。

その他採用圏内のカード

カード詳細
紙シャドバベルエンジェル
ベルエンジェル
【1コスト/フォロワー】
守護でリーダーを守りつつラストワード効果でカードを1枚引けるのが優秀。ランプドラゴン同様エヴォルヴデッキに余裕がないので進化後は採用しなくてもよい。
紙シャドバファイアーリザード
ファイアーリザード
【2コスト/フォロワー】
ファンファーレ効果で相手フォロワーかリーダーに1点ダメージを与えることができるフォロワー。序盤の盤面の取り合いから終盤のリーサル手段としても使える優秀なカード。託宣への依存度や事故率の低減が見込める。
紙シャドバ竜の怒り
竜の怒り
【3コスト/スペル】
3コストで5ダメージを与えるスペル。クイック能力が付いているので相手ターンに使うことが可能。覚醒後に使用するとカードを1枚引くことができるのも非常に優秀。
紙シャドバエクスキューション
エクスキューション
【4コスト/スペル】
4コストでフォロワー、アミュレットを破壊できるスペル。大型フォロワーやアミュレットを対策するなら採用したいカード。クイックが付いているので不意な疾走フォロワーなども対処可能。
紙シャドバ灼熱の嵐
灼熱の嵐
【5コスト/スペル】
場のフォロワーの全てに5ダメージを与えるスペル。ドラゴンが苦手な横に並んだ相手フォロワーの対処に使える。ダメージ効果は自分の盤面にも及ぶためアイラを巻き込んで強引にPPブーストすることも可能。
紙シャドバインペリアルドラグーン
インペリアルドラグーン
【8コスト/フォロワー】
ファンファーレ効果で手札を全て捨て、捨てた枚数分のダメージを相手フォロワーとリーダーに与える効果を持つ。竜巫女の儀式の効果と併せれば妨害されることなく相手リーダーの体力を大きく削ることが可能。ディスカード軸のフィニッシャー候補。

立ち回り

ハイブリッドドラゴンの立ち回りやマリガンは、基本的にランプドラゴンと同じです。先攻を取ってマリガンで託宣を引きにいき2ターン目のPPブーストを狙いましょう。

ランプドラゴンとの違いは、3ターン目以降常に竜巫女の儀式を置くかの選択を迫られる点です。置いた場合もファンファーレ効果を使うのか選択を迫られるので、状況を見て判断できるようにしっかり練習しましょう。

ドラゴンの大会優勝デッキレシピ

ディスカードドラゴンデッキ

ディスカードドラゴン優勝デッキレシピ

デッキコード2AKFQ

ディスカードドラゴン優勝デッキレシピ3

デッキコード6Z77C

ランプドラゴンデッキ

ランプドラゴン優勝デッキレシピ

デッキコード57R4Q

※GP福岡大会準優勝デッキ(公式より引用)

ハイブリッドドラゴンデッキ

ハイブリッドドラゴン優勝デッキレシピ

デッキコード7PEA6

ドラゴンデッキまとめ

今回は、黒銀のバハムート環境におけるドラゴンデッキを考察していきました。

現環境のドラゴンデッキは、全体的にプレイ難易度が他のクラスに比べて低く扱いやすい上に、高いデッキパワーを誇っています。

デッキ作成にかかるお値段が高いのがネックですが、初期投資として割り切れるなら初心者にもおすすめのクラスです。

また、今回ご紹介したデッキレシピは、あくまで一例であり最適解・最強というわけではありません。自分なりにカスタマイズしてさらに強化していってください。

シャドウバースエボルヴの基本情報

ジャンルTCG
発売日「創世の夜明け」:
2022年4月28日

・「黒銀のバハムート」:
2022年6月30日
・「ウマ娘プリティーダービー」:
2022年10月1日
・「フレイム・オブ・レーヴァテイン」:
2022年12月16日
価格・ブースターパック:385円
・スターターデッキ:1,650円
・スペシャルスターター:16,500円
サイズ横63mm×縦88mm
公式・HP:
https://shadowverse-evolve.com/
・Twitter:
https://twitter.com/shadowverse_ev